マリナーズ菊池雄星に立ちはだかる敵地球場と右の長距離砲

公開日: 更新日:

 マリナーズに入団が決まった菊池雄星(27)の本拠地球場との相性はどうか。

 今季から「T―モバイルパーク」に名称変更となった本拠地は中堅123メートルと深い上に、左中間115メートル、右中間116メートルと広い。加えて、球場の後方に位置するエリオット湾から湿気のある風が舞い込むため、打球が飛びにくい。特に左中間の本塁打性の当たりは失速するケースが目立ち、菊池のような左のフライボール投手は右打者との対戦で有利とされる。

 もっとも、対戦機会の多い同地区の敵地は本塁打が出やすい球場が多い。

 1試合平均本塁打数では、アスレチックスのオークランド・コロシアム(0.756本=28位)を除けば、いずれも上位15位内に入っている。

 そこにもってきて同じア・リーグ西地区のライバル球団には強打者が揃う。特に右打者は、アストロズ・アルトゥーベ(昨季打率.316、13本塁打、61打点)、エンゼルス・トラウト(同.312、39本塁打、79打点)、アスレチックス・デービス(同・247、48本塁打、123打点)、レンジャーズ・ギャロ(同.206、40本塁打、92打点)ら、リーグを代表するスラッガーが名を連ねる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る