「フライボール革命」でHR量産 対抗手段は質の高いカーブ

公開日: 更新日:

「投手が投げるボールの回転数は重視する。特にカーブはね。彼らを獲得した理由は分かるだろ?」

 アストロズのルーノウGMはニヤリと笑ってこう言った。「彼ら」とは昨年までの4年間で48勝したマクヒューや、昨年のワールドシリーズ第7戦で胴上げ投手になったモートンのことだ。

 フライボール革命によって本塁打を打つ練習が可能に。本塁打を量産するようになった打者への対抗手段のひとつがカーブだと、ルーノウGMはみている。

 一概には言えないものの、カーブの変化の度合いはボールの回転数に比例する傾向がある。そこで1分間にボールがどれだけ回転したのかを示す「rpm」と呼ばれる数値を参考に、より質の高いカーブを投げる投手を獲得したというのだ。

 ルーノウGMが明かした戦略はデータ野球全盛の昨今、どの球団でも当たり前のように用いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る