「フライボール革命」でHR量産 対抗手段は質の高いカーブ

公開日:

「投手が投げるボールの回転数は重視する。特にカーブはね。彼らを獲得した理由は分かるだろ?」

 アストロズのルーノウGMはニヤリと笑ってこう言った。「彼ら」とは昨年までの4年間で48勝したマクヒューや、昨年のワールドシリーズ第7戦で胴上げ投手になったモートンのことだ。

 フライボール革命によって本塁打を打つ練習が可能に。本塁打を量産するようになった打者への対抗手段のひとつがカーブだと、ルーノウGMはみている。

 一概には言えないものの、カーブの変化の度合いはボールの回転数に比例する傾向がある。そこで1分間にボールがどれだけ回転したのかを示す「rpm」と呼ばれる数値を参考に、より質の高いカーブを投げる投手を獲得したというのだ。

 ルーノウGMが明かした戦略はデータ野球全盛の昨今、どの球団でも当たり前のように用いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る