「フライボール革命」でHR量産 対抗手段は質の高いカーブ

公開日: 更新日:

「投手が投げるボールの回転数は重視する。特にカーブはね。彼らを獲得した理由は分かるだろ?」

 アストロズのルーノウGMはニヤリと笑ってこう言った。「彼ら」とは昨年までの4年間で48勝したマクヒューや、昨年のワールドシリーズ第7戦で胴上げ投手になったモートンのことだ。

 フライボール革命によって本塁打を打つ練習が可能に。本塁打を量産するようになった打者への対抗手段のひとつがカーブだと、ルーノウGMはみている。

 一概には言えないものの、カーブの変化の度合いはボールの回転数に比例する傾向がある。そこで1分間にボールがどれだけ回転したのかを示す「rpm」と呼ばれる数値を参考に、より質の高いカーブを投げる投手を獲得したというのだ。

 ルーノウGMが明かした戦略はデータ野球全盛の昨今、どの球団でも当たり前のように用いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る