巨人に飛び火か…ソフトB千賀“ポスティング直訴”の波紋

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの千賀滉大(26)が30日、後藤球団社長とメジャー移籍についての話し合いを持ったことを明らかにした。球団はこれまでポスティング移籍を認めていない。同社長は「真剣に考えていることが分かった。今日、明日の話ではないが、考えを受け止めて進化していきたい。こちらも凝り固まっているわけではない」と説明した。球団名がソフトバンクになってからメジャーへ移籍した城島、川崎、和田は全てFA。球団首脳が柔軟な姿勢を見せたのは、大きな変化である。

 同じ宮崎市内でキャンプを行う巨人にとって、対岸の火事ではない。巨人も同システムでのメジャー移籍を認めていない。もしソフトバンクが認めるようなら、巨人もかたくなに「ダメ」とは言いにくい雰囲気になる。

■菅野も東京五輪後の20年オフに前倒しか

 巨人と原辰徳監督(60)にとっての懸念材料は、メジャー志向が強い絶対エースの菅野智之(29)である。2年連続で沢村賞を受賞するなど国内敵なしの状態が続き、最近は「野球選手である以上、上のステージに行きたいと思うのは当たり前。そう思えない自分がいる方が怖い」と野望を隠そうとしない。ただし、海外FA権の取得は2021年中。現段階では原監督の契約年数と同じ3シーズンは巨人で投げることになる。海を渡るのは33歳になる年だが、もしポスティングの行使が認められれば、前倒しの可能性が出てくる。タイミングは日本のエースとして期待される東京五輪が終わる20年オフだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

もっと見る