千賀、甲斐…育成選手を主力に育てるソフトB“三軍の秘密”

公開日: 更新日:

 ソフトバンクは育成選手を含む若手を三軍で育てることで定評がある。

 出世頭は日本シリーズで盗塁阻止率100%の甲斐拓也(25=10年育成6位)。第1戦に続いて昨1日の第5戦に先発したエースの千賀滉大(25=同4位)や、ルーキーながらCSで3試合、日本Sで1試合リリーフを務めた大竹耕太郎(23=17年育成4位)も三軍からはい上がってきたクチだ。

 甲斐は「三軍の存在が自分を育ててくれた」とこう言った。

「とにかく実戦が多いので、自分の足りない部分がよく見えてくるし、上のレベルとやることで、自分の実力のなさを思い知らされる」

 4年前に三軍統括コーチだった水上内野守備走塁コーチは「三軍は(選手の)本気度を見極め、育てる場所」と表現する。第4戦で先制2ランを放ち、この日の二回にレーザービーム返球を見せた上林誠知(23)を例に出してこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る