千賀、甲斐…育成選手を主力に育てるソフトB“三軍の秘密”

公開日: 更新日:

 ソフトバンクは育成選手を含む若手を三軍で育てることで定評がある。

 出世頭は日本シリーズで盗塁阻止率100%の甲斐拓也(25=10年育成6位)。第1戦に続いて昨1日の第5戦に先発したエースの千賀滉大(25=同4位)や、ルーキーながらCSで3試合、日本Sで1試合リリーフを務めた大竹耕太郎(23=17年育成4位)も三軍からはい上がってきたクチだ。

 甲斐は「三軍の存在が自分を育ててくれた」とこう言った。

「とにかく実戦が多いので、自分の足りない部分がよく見えてくるし、上のレベルとやることで、自分の実力のなさを思い知らされる」

 4年前に三軍統括コーチだった水上内野守備走塁コーチは「三軍は(選手の)本気度を見極め、育てる場所」と表現する。第4戦で先制2ランを放ち、この日の二回にレーザービーム返球を見せた上林誠知(23)を例に出してこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る