ハワイへ出発のG菅野 自主トレ同行選手に“不吉なジンクス”

公開日:

 巨人・菅野智之(29)が18日、自主トレを行う米ハワイへ向け、成田空港から出国した。

 後輩の宮国椋丞(26)と出発前に取材に応じ、「野球と見つめ合う期間にできる。キャンプに70~90%の状態で行けるようにしたい」と話した。こちらも後輩の桜井俊貴(25)、中川皓太(24)、阪神にFA加入した西が合流予定となっている。

 菅野は今季15勝(8敗)を挙げ、最多勝などのタイトルを総なめ。2年連続で沢村賞を受賞する活躍を見せた。前日にはNPBの日本人史上最高年俸となる6億5000万円でサイン。これで気持ち良くハワイへ飛び立てるというものだが、問題は有望株であるはずの“弟子”たちだ。

 2017~18年(前回)の同行メンバーだった元ドラフト2位の畠や元ドラ1の桜井は今季、いずれもパッとしなかった。畠は春のキャンプで故障。長期離脱を余儀なくされ、復帰したのは広島がリーグV3を決めようかという9月半ばだった。桜井に至っては、結局一度も一軍で投げられなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る