原監督3度目就任で最大の仕事 エース菅野“残留”説得の大役

公開日: 更新日:

 10日に巨人から正式な就任要請を受けた原辰徳新監督(60)。球団初となる3度目の就任で求められる大きな仕事があるという。甥っ子でもあるエース菅野智之(29)のことだ。

 今季は15勝8敗、防御率2.14。最多勝の他に、4度目の最優秀防御率、200奪三振で2度目の最多奪三振、10完投、8完封、投球回数202回、無四球試合4回など、タイトル総なめの成績を残している。

 昨季も17勝5敗、防御率1.59で最多勝、最優秀防御率、沢村賞を受賞。日本球界に敵なしの状態が続く。こうなると、視線は外へ向くのが必然である。

 昨オフ、「絶対的な力をつけて文句なく行けるようにしたい」と巨人入り後、初めて将来的なメジャー挑戦の希望を口にした。順調なら3シーズン後の2021年中に海外FA権を取得。22年から海を渡ることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る