山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

吉田輝星1位指名 目を見張る日ハムのアイドルコレクション

公開日: 更新日:

 日本ハムは本当にすごい。先日のドラフト会議を受けて、私はうならざるを得なかった。1位で大阪桐蔭の根尾昂を抽選で外したものの、外れ1位で金足農の吉田輝星を一本釣り。その年で最も評価が高い選手を指名するという、近年の日ハムが貫いてきたシンプルだが難しいドラフト方針は今年も徹底されていた。

 結果的に見れば、この吉田にかぶせられた「外れ1位」という言葉は実に据わりがいい。彼の投手としての冷淡な評価から人気や話題性といった要素を差し引き、さらに夏の甲子園であれだけ酷使されたことも不安材料だと考えると、ドラフト1位の1巡目でどの球団からも指名されなかったという現実は妥当な気がしてならない。

 しかし、そうはいっても吉田が今年最高のアイドル球児であることは紛れもない事実なわけだから、そんなアイドル球児のプロ入りがドラフト2位では格好がつかない。よって、外れではあるもののドラフト1位に変わりはないという今回の顛末は吉田本人および関係者、さらに今夏に彼を持ち上げまくった各メディアも含めて、多くの人々の面目を保つことになっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る