菊池雄星に即接触…ダルに逃げられたレンジャーズの目論見

公開日:

 メジャー移籍を目指す菊池雄星(27)の周囲が騒がしくなってきた。

 レンジャーズが、全30球団との交渉が解禁された4日(日本時間5日)、いの一番で菊池の代理人を務めるスコット・ボラス氏と接触を図った。

 MLB公式サイトによれば、すでにレンジャーズはボラス氏と交渉に入っており、ジョン・ダニエルズGMは「我々は入念に調査してきた」と、獲得に前向きな姿勢を見せたという。

 レンジャーズの本拠地「グローブライフ・パーク」(アーリントン)は空気が乾燥しているため、打球が飛びやすい。右中間は116メートルと狭く、極端に左打者の本塁打が多いことから、「投手の地獄」の異名を持つ。日本人投手にも不評で、昨季途中まで在籍したダルビッシュ有(32=現カブス)が、移籍拒否条項を撤回してドジャースへのトレードを受け入れたのも、アーリントンの酷暑と球場の狭さに嫌気が差したからだといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る