原口は前向きコメント“阪神一の真面目男”を襲った大腸がん

公開日: 更新日:

 24日、阪神の原口文仁(26)が大腸がんと診断され、近日中に手術することが分かった。本人が自身のツイッターで公表し、阪神も発表した。

 昨年末に受けた人間ドックで判明したことを報告した原口は、球団を通じて「病名を聞いたときはさすがに驚き、動揺した」と振り返り、「同じがん患者の方々、またそのご家族にとって少しでも夢や希望となれるよう精いっぱい、治療に励みたい」とコメントした。

「原口は暴飲暴食というタイプではないし、たばこも吸わない。酒量だって普通。それだけに、まさか、という思い。チームの誰に聞いても『真面目過ぎるくらい真面目』と口を揃える性格ですからね。入団3年目に育成契約に降格したり、ブレーク翌年に故障したりといろいろあっただけに、ストレスをため込んでいたのかもしれません」(若手OB)

 昨季は82試合に出場して、代打で23安打。2008年に桧山がマークした球団のシーズン代打安打記録に並んだ。今季も貴重な働きが期待されていた。矢野新監督もショックだろうが、本人は「プロ野球選手という立場でこのような病気になったことを自分の使命だとも思えます」ともコメント。闘病に前向きな覚悟を示している原口のためにも、阪神はだらしない試合をするわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る