日ハム輝星は「プロで通用しますか」荒木二軍監督に聞いた

公開日: 更新日:

 日本ハム1位の吉田輝星(金足農)は、16日の紅白戦登板に向けて順調に成長を遂げている。11日の打撃投手後に「強い真っすぐがあって、彼の特徴が出ていた」と評価した荒木二軍監督に、ここまでの吉田について話を聞いた。

■現時点での“通信簿”は?

 ――吉田輝星の状態はどう見ていますか?

「順調だと思います。凄すぎず、悪すぎずというところ。流れを覚えながら、先輩たちとも普通にしている姿を多く見ているので、こっちとしてはそういう面で気を使わなくていいのかなと」

 ――先輩選手と積極的にコミュニケーションを取っています。

「(3歳年上の)郡が宿舎の同部屋。郡が常にいることで、他の先輩とも普通に接することができるきっかけになっていると思う。そこは去年の(清宮)幸太郎とは違うところ。いきなり上に行って、年上の選手が多く、一軍の選手相手だとなかなか自分から積極的に、というわけにはいかない。そういう意味で輝星はうまく入り込んでいる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  3. 3

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  4. 4

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  5. 5

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  8. 8

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  9. 9

    北方領土問題の「本質」はロシアによる日本の主権侵害だ

  10. 10

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

もっと見る