優等生がゆえ…中日・根尾の“塩対応”に報道陣シドロモドロ

公開日: 更新日:

 優等生の第1クールが終わった。

 二軍で別メニュー調整の続く中日のルーキー・根尾昂(18)。

 右ふくらはぎ肉離れによる別メニュー調整が続いているが、この日はランニングやノックなどをこなし、軽快な動きを見せた。

 しかし、グラウンドを出ると、一気に軽快さは鳴りを潜めることになる。

 練習後、報道陣に囲まれた根尾は口を真一文字に結び、ほとんど表情を変えることなく受け答えをする。

「右足の状態は?」「良くなっています」、「(6日の)休日は?」「ゆっくりします」と塩対応。

 笑いが起きることはほとんどなく、テレビ局の質問者がしどろもどろになって冷や汗をかくのが日常茶飯事だ。

 同じドラフト1位の注目選手たちは、リップサービスや素直な受け答えで紙面やスポーツ番組を賑わせている。たとえば日本ハム吉田輝星はキャンプ初日に「たぶん(ドラフト5位の)柿木(蓮)だと思うんですけど、いびきがうるさくて起きました」と報道陣を沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  8. 8

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

もっと見る