優等生がゆえ…中日・根尾の“塩対応”に報道陣シドロモドロ

公開日: 更新日:

 優等生の第1クールが終わった。

 二軍で別メニュー調整の続く中日のルーキー・根尾昂(18)。

 右ふくらはぎ肉離れによる別メニュー調整が続いているが、この日はランニングやノックなどをこなし、軽快な動きを見せた。

 しかし、グラウンドを出ると、一気に軽快さは鳴りを潜めることになる。

 練習後、報道陣に囲まれた根尾は口を真一文字に結び、ほとんど表情を変えることなく受け答えをする。

「右足の状態は?」「良くなっています」、「(6日の)休日は?」「ゆっくりします」と塩対応。

 笑いが起きることはほとんどなく、テレビ局の質問者がしどろもどろになって冷や汗をかくのが日常茶飯事だ。

 同じドラフト1位の注目選手たちは、リップサービスや素直な受け答えで紙面やスポーツ番組を賑わせている。たとえば日本ハム吉田輝星はキャンプ初日に「たぶん(ドラフト5位の)柿木(蓮)だと思うんですけど、いびきがうるさくて起きました」と報道陣を沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る