ナMVPから初K マリナーズ菊池雄星OP戦初登板で見えた課題

公開日: 更新日:

 まずは上々のデビューといったところか。

 マリナーズ・菊池雄星(27)が25日(日本時間26日)、アリゾナ州ピオリアでのレッズ戦にオープン戦初登板。2回を1安打2失点(自責点0)、1三振、1四球。味方の拙守に足を引っ張られて初失点を喫したものの、本人が想定した2回を30球以内にまとめてマウンドを降りた。

 キャンプ中に手応えを掴んでいた直球は最速152キロをマークし、制球も安定しており、持ち味を存分に発揮した。問題は渡米後、同僚の助言を得て握りやリリースポイントを調整するなど、試行錯誤を繰り返してきた変化球だ。

 一回1死後、2番ボットーをフルカウントから変化球でバットに空を切らす。ボットーは10年のナ・リーグMVP。過去に7度もリーグ最高出塁率を記録しメジャーを代表する巧打者から、決め球とするカーブで初三振を奪ったが、日本に比べて滑りやすい大リーグ公認球が手になじんでないのだろう。ボットーへの投球がそうだったように、変化球が時折、抜けるシーンもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る