雄星に強力後ろ盾 サイ・ヤング賞ヘルナンデスは超親日家

公開日: 更新日:

 新人左腕は同僚に恵まれたようだ。

 メジャー公認球に苦戦するマリナーズ・菊池雄星(27)に、救いの手を差し伸べるナインが後を絶たないからだ。

 17日(日本時間18日)にはキャッチボールの際、昨季10勝の先発右腕マイク・リーク(31)から、チェンジアップの球離れが早いとの指摘を受けたという。

 イチロー(45)にはボールが滑る原因はキャンプ地アリゾナが乾燥しているためと説明され、「(本拠地)シアトルに行ったら大丈夫だから」と励まされた。

 菊池は、入団会見で流暢な英語で自己紹介したように、ナインとのコミュニケーションには不自由していない。クラブハウスでは自ら積極的に同僚選手に話しかける姿が頻繁に目撃されている。通訳を介さずにコミュニケーションを図るルーキー左腕にナインは好意的で、リークがアドバイスしたのも、英語が通じる気軽さもあったからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る