OP戦3回零封も払拭できず ヤ軍・田中が抱える“アキレス腱”

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(30)が順調な仕上がりを見せている。

 3日(日本時間4日)のタイガース戦にオープン戦初登板し、3回を1安打無失点、2奪三振と好投した。

 田中は初回、先頭打者に中越えの三塁打を許したものの、2者連続三振と中飛に仕留めて無失点で切り抜ける。低めへの変化球を軸につけ入るすきを与えず、二、三回は3者凡退。予定していた2月26日のフィリーズ戦を雨で流し、仕切り直しの初マウンドは上々の結果となった。

 地元メディアの予想によれば、今季の田中は右腕セベリーノ、左腕パクストン(前マリナーズ)に次ぐ先発3番手の位置付け。すでに開幕投手には昨季19勝(8敗)のセベリーノが内定しているものの、本来なら田中が大役を務めなければならない立場だ。

 何しろ田中の今季年俸2200万ドル(約24億2000万円)は、主砲スタントン外野手の2600万ドル(約28億6000万円)に次いでチーム2位の高額年俸。今年2月にセベリーノが4年総額4000万ドル(約44億円)で契約延長したが、今季年俸は600万ドル(約6億6000万円=契約金含む)。田中の足元にも及ばない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る