米公式球とザル守備…マリナーズ雄星の肩肘に“二重の負担”

公開日: 更新日:

 菊池雄星(27=マリナーズ)の初実戦を日米両メディアが絶賛している。25日(日本時間26日)のレッズ戦に先発。2回を1安打2失点(自責点0)、最速153キロをマークした投球に「メジャー斬り斬り舞い」「カーショウ級カーブ」「269発ボットぼう然」などと大騒ぎだ。

 環境の異なるメジャーで、それなりの結果を出した。今後に期待を抱かせる投球内容だったのは事実だが、だからといって菊池がこのままメジャーで成功するとみるのは早計ではないか。

 実戦はまだ始まったばかり。彼我の環境の差異が日本人投手の体をむしばみ、大きな故障につながるのはこれからだからだ。

 大谷(24=エンゼルス)や田中(30=ヤンキース)は、1年目の前半戦で利き腕の肘の靱帯を損傷。藤川(38=現阪神、元カブス)や和田(38=現ソフトバンク、元オリオールズ)も、メジャー1年目の開幕から間もない時期に靱帯損傷で戦列を離れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る