米公式球とザル守備…マリナーズ雄星の肩肘に“二重の負担”

公開日: 更新日:

 菊池雄星(27=マリナーズ)の初実戦を日米両メディアが絶賛している。25日(日本時間26日)のレッズ戦に先発。2回を1安打2失点(自責点0)、最速153キロをマークした投球に「メジャー斬り斬り舞い」「カーショウ級カーブ」「269発ボットぼう然」などと大騒ぎだ。

 環境の異なるメジャーで、それなりの結果を出した。今後に期待を抱かせる投球内容だったのは事実だが、だからといって菊池がこのままメジャーで成功するとみるのは早計ではないか。

 実戦はまだ始まったばかり。彼我の環境の差異が日本人投手の体をむしばみ、大きな故障につながるのはこれからだからだ。

 大谷(24=エンゼルス)や田中(30=ヤンキース)は、1年目の前半戦で利き腕の肘の靱帯を損傷。藤川(38=現阪神、元カブス)や和田(38=現ソフトバンク、元オリオールズ)も、メジャー1年目の開幕から間もない時期に靱帯損傷で戦列を離れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

もっと見る