速球156kmでダル完全復活 サイ・ヤング賞も期待できる根拠

公開日: 更新日:

 カブスのファンは、とにかく熱狂的だ。

 活躍すれば救世主と絶賛するが、結果が出なければ戦犯扱い。そんな毀誉褒貶の激しい地元ファンやメディアから思い切りブーイングを浴びたのが昨年、移籍1年目のダルビッシュ(32)だった。

 オフに6年総額約140億円の大型契約でカブスへ。年平均23億円超のカネをもらいながら、右肘の故障などで8試合に登板しただけ(1勝3敗、防御率4・95)。ほとんど戦力にならなかったのだから無理もない。

 ダル自身、ファンの期待を裏切ったことをかなり気にしていたからこそ、今季は期待できるのではないか。

 昨年9月に右肘を手術。ほぼ万全な状態でキャンプを迎え、オープン戦2試合目の3日(日本時間4日)はホワイトソックス戦に先発。2回を投げて無安打無失点(3三振、1四球)に抑え、ストレートの最速は156キロをマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る