約6カ月ぶりマウンドのダル 最速154キロも4四死球で自滅

公開日: 更新日:

 復帰マウンドは締まらなかった。

 右肘手術からの復活を目指すカブス・ダルビッシュ有(32)が26日(日本時間27日)のダイヤモンドバックス戦でオープン戦初登板。1回3分の1を無安打ながら4四球と乱調で2失点(自責1)だった。昨年8月のマイナー戦以来、約6カ月ぶりの実戦マウンドに立ったダル。直球は最速96マイル(約154キロ)をマークするなど球威は健在ながら、制球に苦しんだ。初回は簡単に2死としながら中軸に連続四球。続く二回にも2四球で1死一、二塁としたところで降板。予定していた2回を持たなかった。

 カブスに加入した昨季は、5月下旬に右上腕三頭筋の腱炎で戦列を離脱。8月の1A戦で実戦復帰したが、右肘の痛みを訴えて、メジャーに復帰できないまま移籍1年目を終えた。シーズン終了後には右肘のクリーニング手術を受けて、万全の状態でキャンプイン。早々と実戦形式のマウンドに上がるなど、順調な仕上がりぶりをアピールしてきた。

 今季でメジャー8年目を迎える右腕は、カムバック賞候補の1人に挙がっている。メジャーのマウンドから9カ月も遠ざかっていただけに、どこまで感覚を取り戻せるか。

▽ダルの話「真っすぐが良かったのと、痛みなく投げられたのが自分にとっては良かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る