約6カ月ぶりマウンドのダル 最速154キロも4四死球で自滅

公開日: 更新日:

 復帰マウンドは締まらなかった。

 右肘手術からの復活を目指すカブス・ダルビッシュ有(32)が26日(日本時間27日)のダイヤモンドバックス戦でオープン戦初登板。1回3分の1を無安打ながら4四球と乱調で2失点(自責1)だった。昨年8月のマイナー戦以来、約6カ月ぶりの実戦マウンドに立ったダル。直球は最速96マイル(約154キロ)をマークするなど球威は健在ながら、制球に苦しんだ。初回は簡単に2死としながら中軸に連続四球。続く二回にも2四球で1死一、二塁としたところで降板。予定していた2回を持たなかった。

 カブスに加入した昨季は、5月下旬に右上腕三頭筋の腱炎で戦列を離脱。8月の1A戦で実戦復帰したが、右肘の痛みを訴えて、メジャーに復帰できないまま移籍1年目を終えた。シーズン終了後には右肘のクリーニング手術を受けて、万全の状態でキャンプイン。早々と実戦形式のマウンドに上がるなど、順調な仕上がりぶりをアピールしてきた。

 今季でメジャー8年目を迎える右腕は、カムバック賞候補の1人に挙がっている。メジャーのマウンドから9カ月も遠ざかっていただけに、どこまで感覚を取り戻せるか。

▽ダルの話「真っすぐが良かったのと、痛みなく投げられたのが自分にとっては良かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る