大谷リハビリ順調も エ軍スタッフ厳重管理で選択余地なし

公開日: 更新日:

 右肘靱帯のトミー・ジョン(TJ)手術からの復帰を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)が順調な回復ぶりを見せている。

 11日(日本時間12日)には、8日にスローイングプログラムを開始してから中2日でのキャッチボール。約9メートルから12メートルにまで距離を延ばし、クールダウンも含めて65球を投げた。前回の60球から球数も増やし、この日は打撃練習も行い、ティー打撃とトス打撃を合わせて40球を打ち込んだ。

 TJ手術を受けた場合、スローイングプログラム再開は通常、術後6カ月が目安とされる。約5カ月でボールを使用したリハビリに移行するのは極めて異例だそうで、それだけ大谷の患部の状態が良好と見て良さそうだ。

 今後、打撃のリハビリは投げてもらった球を打ち返す段階に移行するが、時期に関してオースマス監督は「いつになるか分からない」と慎重な姿勢を崩さない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る