大谷はチーム帯同でリハビリ 裏に“二刀流”完全復活プラン

公開日: 更新日:

 リハーサルなしのぶっつけ本番で表舞台に立つ。

 エンゼルスのビリー・エプラーGMは14日(日本時間15日)、右肘手術からの復活を目指すエンゼルス・大谷翔平について「マイナーリーグでの試合では調整しない」と断言。チームに帯同してリハビリを行い、予定される5月中の打者復帰を目指すと明かした。

 大谷は昨年6月に右肘の内側側副靱帯損傷で離脱した際にも、マイナーの実戦を経ずに本拠地アナハイムで調整し、翌7月に戦列に戻った。

 野手としてマイナー戦に出場すれば、より実戦感覚を養えるものの、エンゼルスはあくまでも二刀流としての完全復活を優先したとみられる。

■4、5月は本拠地か同地区での試合が大半

 4月には本格的なスローイングプログラムが始まり、順調なら遠投やブルペンに入る可能性もある。米国では球場によってブルペンのマウンドの傾斜や硬さが異なる。当然、都市ごとに気象条件にも違いがあり、肩、肘にメスを入れた投手にとって、リハビリ環境がコロコロ変わるのはリスクが高いとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る