高卒OP戦弾は大谷以来 広島小園“BIG3超え”で開幕一軍の目

公開日: 更新日:

キャンプ早々「一軍」帯同決定

 可能性は十分にある。3日、広島のドラフト1位・小園海斗(報徳学園)が西武とのオープン戦で“プロ1号”を放つなど2安打をマーク。開幕一軍に猛アピールだ。

 四回の守備から途中出場すると、五回には足を生かして一塁内野安打。2打席目は三振。3打席目の左腕武隈との対決でバットが火を噴いた。初球を打ち上げ一邪飛と思われたが、一塁手が落球して命拾い。2球目もストライクで簡単に追い込まれたものの、3球目の137キロ内寄りの速球に体を開かずバットを振り抜くと、打球は放物線を描いて右翼スタンドに吸い込まれた。

 オープン戦3試合目(7打席目)にして早くも一発が飛び出した。高卒新人のオープン戦本塁打は、2013年の日本ハム・大谷翔平(現エンゼルス)以来。前日の西武戦では左腕の斉藤から同じく内角直球をとらえ、フェンス直撃の二塁打を放っている。打席数が少ないとはいえ、7打数4安打、打率・571は立派だ。さる広島OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る