キャンプ中「外に出ていない」大谷が“引きこもり”を明かす

公開日: 更新日:

 右肘手術からの復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)が6日(日本時間7日)、ソフトトス打撃(下から投げられたボールを打つ練習)で調整。前日からステップアップし、30球を打ち込んだ。

 練習後には日米の報道陣に対応し「セット数は増えているし、体の張りも変わらない。ある程度やったらフリー打撃に移行していく」と説明。昨年10月1日にメスを入れた患部の状態については「筋力はそれなりに戻ってきている」とし、「扱う重さだと8割から8割5分くらい」と順調な回復ぶりをアピールである。

 3月中にも投手としてのリハビリを開始する予定で「ある程度(肘に)痛みが出なかったり、張りがなければ、やっていくんじゃないかなと思う」と、投球練習の再開が前倒しになるとの見通しを示した。

 キャンプ中は肘への負担を避けるため、ゴルフはラウンドしていないそうで「去年よりもあまり外に出ていないかな。外にご飯を食べにいくのも少ない」とひきこもりに近い状態だと明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る