虎投手陣も羨む勝負強さ 広島・鈴木誠也こそが“頼れる4番”

公開日: 更新日:

 嫌なムードを吹き飛ばしたのは4番の一振りだった。

 1点を追う広島は七回表2死一、二塁で鈴木が中越え3点本塁打で逆転。接戦をものにした。

「何とかしたいというところで、しっかりとらえることが出来ました。逆転につながって良かったです」(鈴木)

 昨季リーグ3連覇の広島が唯一負け越したのが中日(11勝14敗)だった。選手はナゴヤドームに苦手意識があるようで、今季初戦となった前日も鈴木は3タコでいいとこなし。チームは3連敗を喫したが、この日の鈴木は3番手祖父江の145キロ直球をバックスクリーンへブチ込み勝利を呼んだ。

 今季初登板の野村は7回3安打1失点の好投で初白星。4番の一打に、「粘って投げていれば逆転してくれると信じてました」と言った。頼りにならない貧打をバックに投げる阪神投手陣は、こんな4番が欲しいはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る