投手が丸の穴埋め 広島“ドクターK”新助っ人に巨人戦々恐々

公開日: 更新日:

 原巨人に新たな天敵候補の出現だ。

 19日、広島の新助っ人左腕、カイル・レグナルト(30=メッツ3A)がヤクルト戦の八回に4番手として登板。1イニングを投げて2三振を奪い、無失点に抑えた。これまで対外試合6試合でいまだ無失点。打者21人から12奪三振、オープン戦は4イニングで9奪三振と完璧な投球を続けている。

 持ち球のパワーカーブは米国で「ハンマーカーブ」の愛称がつく。右打者の外角のボールゾーンから真ん中低めに曲がりながら落ちる軌道。ブレーキの利いたこの“魔球”を武器に驚異の奪三振率を誇っているのだ。

 それでも広島の外国人枠争いは激しい。投手3枠はジョンソンが確定。フランスアも決定的で、残る1枠をヘルウェグ、ローレンスと競争というから層が厚い。

 開幕カードで対戦する巨人にとっては厄介だろう。広島との昨季の対戦成績は7勝17敗1分け。5年ぶりのリーグ優勝奪回のために対策が急務となる中、原監督は「広島は誰かが抜けても誰かが出てくるんだよ。去年は左のフランスアが出てきたしね」と警戒。広島からFAで丸を引き抜いた今季も、新加入した助っ人左腕が天敵になりそうだから頭が痛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る