投手が丸の穴埋め 広島“ドクターK”新助っ人に巨人戦々恐々

公開日: 更新日:

 原巨人に新たな天敵候補の出現だ。

 19日、広島の新助っ人左腕、カイル・レグナルト(30=メッツ3A)がヤクルト戦の八回に4番手として登板。1イニングを投げて2三振を奪い、無失点に抑えた。これまで対外試合6試合でいまだ無失点。打者21人から12奪三振、オープン戦は4イニングで9奪三振と完璧な投球を続けている。

 持ち球のパワーカーブは米国で「ハンマーカーブ」の愛称がつく。右打者の外角のボールゾーンから真ん中低めに曲がりながら落ちる軌道。ブレーキの利いたこの“魔球”を武器に驚異の奪三振率を誇っているのだ。

 それでも広島の外国人枠争いは激しい。投手3枠はジョンソンが確定。フランスアも決定的で、残る1枠をヘルウェグ、ローレンスと競争というから層が厚い。

 開幕カードで対戦する巨人にとっては厄介だろう。広島との昨季の対戦成績は7勝17敗1分け。5年ぶりのリーグ優勝奪回のために対策が急務となる中、原監督は「広島は誰かが抜けても誰かが出てくるんだよ。去年は左のフランスアが出てきたしね」と警戒。広島からFAで丸を引き抜いた今季も、新加入した助っ人左腕が天敵になりそうだから頭が痛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る