広島ドラ1小園は開幕一軍「内定」 二軍掛け持ちで休みナシ

公開日: 更新日:

 広島ドラフト1位ルーキー小園海斗(18)が開幕一軍キップを手にした。一軍春季キャンプをケガなく乗り切り、オープン戦では15試合で打率.231ながら2本塁打。守備でも好プレーを連発するなど、新人離れした動きに、首脳陣は開幕一軍「内定」を出した。

 高卒ルーキーは「二軍でじっくり育成する」という慣例がある広島では、実に19年ぶりとなる高卒新人の開幕一軍入り。田中広輔という絶対的な遊撃手がいること、遊撃一本での育成が基本線であることから、一軍では代走や代打、守備固めでの起用が濃厚だ。

 つまり、一軍にいればベンチでも一流選手のレベルや球場の雰囲気を味わうことができる一方、実戦の機会は減る。二軍でより多くの実戦経験を積む方がいいという声もあるが、果たしてどちらが小園にとってベストなのか。

 1965年に高卒新人で開幕戦にスタメン出場した評論家の山崎裕之氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  6. 6

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  7. 7

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  8. 8

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る