広島ドラ1小園は開幕一軍「内定」 二軍掛け持ちで休みナシ

公開日: 更新日:

 広島ドラフト1位ルーキー小園海斗(18)が開幕一軍キップを手にした。一軍春季キャンプをケガなく乗り切り、オープン戦では15試合で打率.231ながら2本塁打。守備でも好プレーを連発するなど、新人離れした動きに、首脳陣は開幕一軍「内定」を出した。

 高卒ルーキーは「二軍でじっくり育成する」という慣例がある広島では、実に19年ぶりとなる高卒新人の開幕一軍入り。田中広輔という絶対的な遊撃手がいること、遊撃一本での育成が基本線であることから、一軍では代走や代打、守備固めでの起用が濃厚だ。

 つまり、一軍にいればベンチでも一流選手のレベルや球場の雰囲気を味わうことができる一方、実戦の機会は減る。二軍でより多くの実戦経験を積む方がいいという声もあるが、果たしてどちらが小園にとってベストなのか。

 1965年に高卒新人で開幕戦にスタメン出場した評論家の山崎裕之氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る