友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

イチローが来年から年平均4.4億円を手にする“カラクリ”は

公開日: 更新日:

 メジャーリーグでは球団が一部の高額年俸選手と年俸の一部を引退後に支払う「ディファード・ペイメント契約」をしているケースが少なくない。

 予算規模の小さい球団の場合、複数の高額年俸選手に年俸をフルに支払うと補強に回すカネが乏しくなり球団運営に支障をきたすからだ。

 この「ディファード・ペイメント契約」は球団が苦し紛れに選手に対して借金を背負うようなものなので、金満球団はほとんどやらない。よくやるのはナショナルズ、ブルワーズ、メッツ、レッズ、マリナーズといった予算規模が中位から下位の球団だ。

 その特色は、支払いが長期の分割払いになるケースが多いことだ。典型的な例は引退の翌年から7~10年間の分割払い。元メッツのボビー・ボニーヤは引退して10年後の2011年から25年払い、ケン・グリフィーはレッズ時代の年俸の一部を引退の翌年から16年払いで受け取っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る