友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

イチローが来年から年平均4.4億円を手にする“カラクリ”は

公開日: 更新日:

 メジャーリーグでは球団が一部の高額年俸選手と年俸の一部を引退後に支払う「ディファード・ペイメント契約」をしているケースが少なくない。

 予算規模の小さい球団の場合、複数の高額年俸選手に年俸をフルに支払うと補強に回すカネが乏しくなり球団運営に支障をきたすからだ。

 この「ディファード・ペイメント契約」は球団が苦し紛れに選手に対して借金を背負うようなものなので、金満球団はほとんどやらない。よくやるのはナショナルズ、ブルワーズ、メッツ、レッズ、マリナーズといった予算規模が中位から下位の球団だ。

 その特色は、支払いが長期の分割払いになるケースが多いことだ。典型的な例は引退の翌年から7~10年間の分割払い。元メッツのボビー・ボニーヤは引退して10年後の2011年から25年払い、ケン・グリフィーはレッズ時代の年俸の一部を引退の翌年から16年払いで受け取っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る