田中は好投も報われず…今後の不安はヤ軍正捕手のザル守備

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(30)が8日(日本時間9日)のアストロズ戦に2勝目(0敗)をかけて登板。6回3安打1失点3奪三振と好投し、今季2勝目の権利を持って降板したものの、救援陣が打ち込まれ、ヤンキースは3-4で逆転負けを喫した。

 2年ぶりの開幕投手を務めた今季は2試合(計12回3分の1)を投げ、防御率1.46。被本塁打、与四死球ともにゼロと順調なスタートを切っていた。右肩痛で戦列を離れているエース右腕セベリーノ(25)の穴を十分に埋めそうだが、今後に不安がないわけではない。田中本人の調子はともかく、正捕手に足を引っ張られかねないからだ。

 23歳の若さで伝統球団の正捕手に収まったゲーリー・サンチェス(26)。17年に33本塁打をマークするなど、強打の捕手として知られる。今季も4番に座り、7日のオリオールズ戦では3本塁打。打撃は上り調子(打率2割5分、6本塁打、9打点)なのだが、問題はそのお粗末な守備である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る