丸は2番でも存在感 巨人移籍効果の陰にストレスフリー環境

公開日: 更新日:

 なかなかの変わり者ともっぱらだ。2014年に主な趣味だった麻雀、酒、たばこを一斉に断った。春のキャンプ中に行われた自身の歓迎会でも酒は口にせず、ウーロン茶などを飲んでいたという。「だから食事に誘いにくいんです。絶対出ないわけではないけど、基本的には宿舎のホテルから出たがらないし、食事のために繁華街に繰り出すより部屋で休みたいタイプ」とはあるチームメートだ。

 2月の初めての巨人キャンプ。大型補強の筆頭格として周囲の注目を一身に浴びていた。普通なら気疲れするところ。が、丸の場合はなぜか「ストレスフリー」だったそうだ。前出のチームメートが証言する。

「ズバリ、ゲームです。キャンプの時は『プレステ4』などのゲーム機をごっそりスーツケースに詰め込んで、部屋にこもってはゲームに没頭していた。『巨人は環境がいい』とも漏らしていました。これは宿舎のWi-Fi環境のこと。オンラインゲームをやるうえで大事なんです。広島時代はみんなが一斉にゲームをやると止まってしまったり、動きが遅くなったりすることが頻発。イライラさせられたそうです。巨人に入ってそれがなくなり、快適なゲーム環境だったことが、キャンプからここまでの調整に生きたんじゃないか」

 たかがWi-Fi、されどWi-Fi。ゲーマー・丸にとって、これも立派な移籍効果である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る