丸は2番でも存在感 巨人移籍効果の陰にストレスフリー環境

公開日: 更新日:

 新打線が機能した。

 開幕から1番を務めていた吉川尚が14日に腰痛で離脱。16日の広島戦では、これまで2番だった坂本勇人(30)、3番だった丸佳浩(30)が1、2番コンビを組んだ。

 坂本は2安打1四球。丸は4打数無安打ながら2打点2得点で快勝に貢献した。開幕から2、3番として機能していた2人の打順を繰り上げた理由について原監督は「坂本、丸は離したくなかった。彼らはどの場所(打順)でもそこそこやってくれる」と説明した。

 最下位を走る古巣を尻目に、巨人で存在感を見せているのが、その丸である。広島から5年総額25億5000万円の大型契約でFA移籍。これまでの多くの先輩とは違い、FAの重圧に押し潰されることなく、自身のプレースタイルを貫く。打率.333、出塁率.403と持ち味を発揮している。

 なかなかの変わり者ともっぱらだ。2014年に主な趣味だった麻雀、酒、たばこを一斉に断った。春のキャンプ中に行われた自身の歓迎会でも酒は口にせず、ウーロン茶などを飲んでいたという。「だから食事に誘いにくいんです。絶対出ないわけではないけど、基本的には宿舎のホテルから出たがらないし、食事のために繁華街に繰り出すより部屋で休みたいタイプ」とはあるチームメートだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?