丸は2番でも存在感 巨人移籍効果の陰にストレスフリー環境

公開日: 更新日:

 新打線が機能した。

 開幕から1番を務めていた吉川尚が14日に腰痛で離脱。16日の広島戦では、これまで2番だった坂本勇人(30)、3番だった丸佳浩(30)が1、2番コンビを組んだ。

 坂本は2安打1四球。丸は4打数無安打ながら2打点2得点で快勝に貢献した。開幕から2、3番として機能していた2人の打順を繰り上げた理由について原監督は「坂本、丸は離したくなかった。彼らはどの場所(打順)でもそこそこやってくれる」と説明した。

 最下位を走る古巣を尻目に、巨人で存在感を見せているのが、その丸である。広島から5年総額25億5000万円の大型契約でFA移籍。これまでの多くの先輩とは違い、FAの重圧に押し潰されることなく、自身のプレースタイルを貫く。打率.333、出塁率.403と持ち味を発揮している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る