元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

さらなる高み目指す川島永嗣「プレー先は欧州こだわらず」

公開日: 更新日:

 ロシアW杯直後の昨年8月、フランスで2クラブ目となるストラスブールに移籍した川島永嗣だが、今季は一度も公式戦に出ていない。現所属先との契約は1年。残された時間は少なく、今夏に再び新天地を目指す可能性が高い。果たして36歳の男は、どんな道を選ぶのだろうか――。

 3月31日のフランスリーグカップ決勝ギャンガン戦。ストラスブールはPK戦の末、14年ぶりに頂点に立った。が、川島はベンチ外。「チームの一員として優勝に関われたことは、欧州に来て一度もタイトルを取ったことのなかった自分に、大きな刺激を与えてくれた」と本人は前向きに語ってくれたが、複雑な思いがあったのも事実だろう。

「昨夏に移籍してきた頃は、チーム状態があまりよくなかった。でもその後、一気に調子が上向いた。ローリー監督もチームを変える必要が全くなくなりました」と本人の説明通り、今季、ストラスブールは31節終了時点でリーグ9位、カップ戦優勝と大健闘している。セルスとカマラという2人の若手GKも好調を維持。チャンスを見いだすのは容易ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る