元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

「圧倒的な結果を残すしか」苦境の南野拓実が語った覚悟

公開日: 更新日:

 香川真司(ベシクタシュ)の9カ月ぶりの日本代表復帰で注目された3月のコロンビア、ボリビアとの2連戦。森保日本代表発足時から、トップ下に定着していた南野拓実(ザルツブルク・24)にとっては真のサバイバルの幕開け。「もちろん真司君とは競争」と負けじ魂をむき出しにする。しかし、1月のアジア杯以降はクラブで先発落ちが続き、南野は「悔しい気持ちを試合でぶつけたい」とリベンジに燃える日々を過ごしていたからだ。

 ◇  ◇  ◇

 昨季の欧州リーグ(EL)4強のザルツブルクにとって、今季欧州での躍進は悲願だった。

 南野も11月のローゼンブルク戦でハットトリック。1次リーグ突破の原動力となった。しかし2月以降のELは控えが続く。チームは3月、ベスト16強入りして今季セリエA2位の強豪ナポリと激突。南野は7日の敵地での1戦目で先発入りを虎視眈々と狙ったが、またもやベンチ。しかも後半の早い時間帯に呼ばれながら<交代メンバーの間違い>と判明。「ヤル気満々でベンチに行ったら『違う』と言われた、普通にムカついた。『そういうミスはやめてくれ』と言いました」と感情的になるほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る