元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

W杯を3大会経験 GK川島永嗣は現在の代表をどう見ている

公開日: 更新日:

 W杯3大会を経験したGK川島永嗣(ストラスブール)だが、ロシアW杯を最後に日本代表から離れている。「1月のアジア杯UAE大会を見て『未来に向かっているな』と感じた。ロシアW杯までは若い世代が過小評価されがちだったけど、今は彼らのチャンスが広がっている」と36歳の守護神は、森保ジャパンを前向きに捉えている。

 ◇  ◇  ◇

 現在の日本代表は中島翔哉(アルドゥハイルMF)、南野拓実(ザルツブルクMF)、堂安律(フローニンゲンMF)の<三銃士>が攻撃陣の軸を形成し、守備陣も20歳の冨安健洋(シントトロイデンDF)が頭角を現すなど一気に若返りが進んだ。

 ただ川島は「すべてはここから」と慎重な見方を示している。

「彼らに求められるのは、ヒデ(中田英寿)さんや俊(中村俊輔=磐田)さん、圭佑(本田=メルボルン)たちを超えていくこと。中でもヒデさんのセリエAでの衝撃は、僕らの世代にとってはすさまじかった。そういう人たちを追い越す選手が出ることで代表は強くなっていくと思いますね」とベテランGKは強調する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る