ミヤネ屋からまさかの転身 巨人新国際部長の“最重要任務”

公開日: 更新日:

 実際に外国人選手の目利きをするのは複数いる実動部隊のスカウトだとはいえ、チーム浮沈のカギを握る渉外部門の総責任者だから責任は重大。「門外漢に務まるのか」(巨人OB)と不安視する声があるのは事実だ。ミヤネ屋に生出演した春川氏本人が「もう一つ大事な仕事が」と挙げた巨人が業務提携を結ぶヤンキースとの関係強化も大事なミッションだし、MLB機構とのより密接な関係構築も託される。

 春川氏は、しばらくは東京にとどまってチームに帯同、来春に米ニューヨークに拠点を移して本格的に国際部長としての活動を始めるという。

「ニューヨークには、巨人監督就任が待望される松井秀喜がいる。原監督は3年契約。球団とすれば、早ければ2022年にも松井巨人を誕生させたいのが本音。すべては松井の気持ち次第とはいえ、同じニューヨークを拠点とする国際部長としては松井との関係だって無視できないでしょう。北米だけでなく、中南米やアジアの選手獲得ルートの開拓、拡充も課題。大変な仕事です」(チーム関係者)

 新国際部長に託される仕事はヤマほどある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る