巨人初連敗&負け越し 原監督“独裁”にコーチや選手ドタバタ

公開日: 更新日:

 巨人沢村拓一(31)、今村信貴(25)が7日、出場選手登録を抹消された。

 6日のDeNA戦に先発した沢村は四回途中4失点でKO。原監督は「四球、四球、長打。球数が60球ちょっとで、先発の一番の壁というか山。あの辺を越えていかないと」と課題を指摘していた。今春のキャンプは抑え候補として迎えたが、最終盤の2月26日に先発再転向が決まった。あれから1カ月余り。原監督は「やっぱりもう少し時間が必要だったのかな」と時期尚早だったと認めるしかなかった。

 この試合で4番手として2回3失点だった今村も二軍落ちとなった。昨季、先発として6勝を挙げた左腕は、3月のオープン戦は先発として調整。好調をキープしていた。宮本投手総合コーチは一度、「開幕ローテ当確」を示唆したものの、今村は開幕から中継ぎへ回った。同コーチはこの日、「これからファームの方では先発投手として、また来る時は先発として戻そうという考え。申し訳ないところもあったので」と今村の二軍降格について説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る