ミヤネ屋からまさかの転身 巨人新国際部長の“最重要任務”

公開日: 更新日:

 大胆な人事ではある。

 19日に巨人から発表された、春川正明氏(57)の編成本部次長兼国際部長への就任。春川氏は読売テレビの解説委員長として、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」のレギュラーコメンテーターも務めるテレビでお馴染みの顔だ。今月いっぱいで読売テレビを退職し、5月1日付で外国人選手の獲得を含む巨人の渉外部門の総責任者に就くことになった。

「関西大学の体育会硬式野球部出身で、大の阪神ファン。野球のことを語り出すと止まらないタイプです。イチローがメジャー1年目に着用していたマリナーズのユニホームを100万円で買うなど、野球グッズのコレクターでもあります。メジャー通を自任し、MLBのことにもビックリするくらい詳しい。ロサンゼルス支局長を4年務めて、海外取材経験も豊富ということで、白羽の矢が立った。執行役員待遇解説委員長の職を捨てるわけですが、本人は『天職だと思ってやる』と意気込んでいます」(読売テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る