ミヤネ屋からまさかの転身 巨人新国際部長の“最重要任務”

公開日: 更新日:

 大胆な人事ではある。

 19日に巨人から発表された、春川正明氏(57)の編成本部次長兼国際部長への就任。春川氏は読売テレビの解説委員長として、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」のレギュラーコメンテーターも務めるテレビでお馴染みの顔だ。今月いっぱいで読売テレビを退職し、5月1日付で外国人選手の獲得を含む巨人の渉外部門の総責任者に就くことになった。

「関西大学の体育会硬式野球部出身で、大の阪神ファン。野球のことを語り出すと止まらないタイプです。イチローがメジャー1年目に着用していたマリナーズのユニホームを100万円で買うなど、野球グッズのコレクターでもあります。メジャー通を自任し、MLBのことにもビックリするくらい詳しい。ロサンゼルス支局長を4年務めて、海外取材経験も豊富ということで、白羽の矢が立った。執行役員待遇解説委員長の職を捨てるわけですが、本人は『天職だと思ってやる』と意気込んでいます」(読売テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る