巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

公開日: 更新日:

 改めて、「すごい眼力だ」と他球団編成担当をうならせている。

 10日の巨人戦で、中日先発のエンニー・ロメロ(28)が6回2失点の好投。早くも2勝目を挙げたこの新外国人左腕をドミニカ共和国から連れてきたのが、昨季までの監督で今季からフロント入りしている森繁和シニアディレクター(SD=64)である。

「コーチ、監督時代から渉外担当を兼ねていた森さんはこれまでも、ネルソン、カブレラ、ジョーダン、ビシエドらを格安で獲得し、年俸以上の働きをさせた。もともとその眼力には定評がありましたが、今回のロメロはさらにすごい。昨オフ、監督を退任してすぐにドミニカに飛んだ森さんのそもそもの目的は、所属助っ人選手の視察だった。それが、ドミニカ滞在中に昨季勝ち頭のガルシア(阪神)と球団の残留交渉が決裂。急きょ、ドミニカのウインターリーグで投げていたロメロとの交渉をまとめて帰国したんですから、球団幹部もさすがに驚いた」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る