巨人の新リードオフマン吉川尚「途中交代3試合」の不可解

公開日: 更新日:

 巨人の新リードオフマンが打ちまくっている。

 元ドラ1で3年目を迎えた吉川尚輝(24)である。8日現在の打率.455、安打数15はともにリーグトップ。7日のDeNA戦では今季3度目の猛打賞となる3安打を放ち、もっか4試合連続安打中だ。

 開幕から全9試合に「1番・二塁」で出場。出塁できなかった試合は一度もない。5割の高い出塁率で6勝3敗とスタートダッシュを決めたチームを引っ張っている。

 並びはともかく、原監督は当初から2~4番までを坂本勇、丸、岡本と決めていた。それだけに、前後の「1、5番が重要」とし、吉川尚の名前を挙げて「抜けている。素晴らしい選手。非常に光っている」と期待。重要視した1番に抜擢した際には「吉川が先頭バッターになってくれることは、今季も含めて未来のジャイアンツにとって大きな戦力になると考えている」とまで語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る