巨人の新リードオフマン吉川尚「途中交代3試合」の不可解

公開日: 更新日:

 巨人の新リードオフマンが打ちまくっている。

 元ドラ1で3年目を迎えた吉川尚輝(24)である。8日現在の打率.455、安打数15はともにリーグトップ。7日のDeNA戦では今季3度目の猛打賞となる3安打を放ち、もっか4試合連続安打中だ。

 開幕から全9試合に「1番・二塁」で出場。出塁できなかった試合は一度もない。5割の高い出塁率で6勝3敗とスタートダッシュを決めたチームを引っ張っている。

 並びはともかく、原監督は当初から2~4番までを坂本勇、丸、岡本と決めていた。それだけに、前後の「1、5番が重要」とし、吉川尚の名前を挙げて「抜けている。素晴らしい選手。非常に光っている」と期待。重要視した1番に抜擢した際には「吉川が先頭バッターになってくれることは、今季も含めて未来のジャイアンツにとって大きな戦力になると考えている」とまで語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る