吉川尚が離脱 対戦1巡で巨人によぎる原監督復帰初年の悪夢

公開日: 更新日:

「クセが出ている。私も含めて担当コーチが焼きゴテを入れるくらい反省をしないといけない。選手を守れないという部分がある」

 こう言って眉をひそめたのは、巨人原辰徳監督(60)。クセが出ていたのは、14日のヤクルト戦に先発した畠だ。初回に青木にソロ、三回に西浦に3ランを浴び、3回9安打6失点でKO。2番手・宮国も2回3失点と火に油を注ぎ、七回には4番手・桜井が決定的な2点を追加された。17安打11失点の投手陣に「これだけ安打も点数もという部分は普通じゃない。異常。普通にしないと」と原監督は畠に二軍落ちを通告した。

 前日も先発したヤングマンと勝利の方程式の一角である吉川光が3~5番に計4発を被弾した。巨人が2試合連続2ケタ失点を喫するのは2014年5月以来。これで対戦が1巡し、巨人は8勝6敗で3位に転落した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る