シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

公開日: 更新日:

 日本では異例ともいえるシーズン途中での引退を決断した巨人上原浩治(44)。

 今季は開幕一軍入りを果たせず、ここまでイースタン・リーグで9試合に登板し勝敗はなく、防御率4.00。9年間プレーした米大リーグから10年ぶりに復帰した昨季から、深刻なスピード不足にあえいできた。

 昨オフ、左膝のクリーニング手術を受け、万全の状態で臨みながら、直球の最速は130キロ台。決め球としてきたフォークのキレは全盛期と変らなかったものの、直球が走らず、相手打者に見送られるシーンも目立った。

 上原は自身の力の衰えに加えて、チーム内で置かれた状況が分かっていたのだろう。何しろ、今季の巨人はリリーフ陣が崩壊状態。一部週刊誌の報道で暴行事件を起こしていたことが発覚した澤村を配置転換してやりくりしたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る