全仏準決勝ナダル戦 フェデラーはどう戦うべきなのか?

公開日: 更新日:

 錦織の活躍でテニスを見るようになったファンは、錦織が敗退するとそれ以後の試合は興味なしかもしれない。しかし、日本時間7日夜に行われる予定の全仏男子シングルス準決勝のナダル(33=世界2位)対フェデラー(37=同3位)戦は、きっと感動するはずだ。スポーツ心理学者で、テニスの全日本選手権にも出場経験がある児玉光雄氏がこう言う。

「2005年に全仏に初出場で初優勝したナダルはこれまで、この大会は通算91勝2敗で優勝11回。圧倒的な強さを誇る。シューズが滑るクレー(赤土)コートは球足が減速する。スタミナがあり守備範囲も広いナダルにとってはまさに庭です。運動量の多さでラリー戦に持ち込み、全身を使った強打のフォアハンドでウイナーを決める。ほとんどの選手は途中で根負けする。一方、欠点がないオールラウンダーのフェデラーは、全仏に限ればナダルに5戦全敗ですが、4大大会通算20勝の百戦練磨です。辛抱強くラリーを続けるのはもちろんのこと、ベースラインギリギリへ深いボールを返し、時にドロップショットを決めたい。頭脳戦となる準決勝は、世界のトップ2人が放つショットのスピードや正確性、コースへの打ち分けとともに、劣勢時におけるフェデラーの作戦は見ものです」

 この試合を見れば、錦織がなぜ4大大会で勝てないのか、にわかファンにもその理由がよくわかるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る