全仏準決勝ナダル戦 フェデラーはどう戦うべきなのか?

公開日: 更新日:

 錦織の活躍でテニスを見るようになったファンは、錦織が敗退するとそれ以後の試合は興味なしかもしれない。しかし、日本時間7日夜に行われる予定の全仏男子シングルス準決勝のナダル(33=世界2位)対フェデラー(37=同3位)戦は、きっと感動するはずだ。スポーツ心理学者で、テニスの全日本選手権にも出場経験がある児玉光雄氏がこう言う。

「2005年に全仏に初出場で初優勝したナダルはこれまで、この大会は通算91勝2敗で優勝11回。圧倒的な強さを誇る。シューズが滑るクレー(赤土)コートは球足が減速する。スタミナがあり守備範囲も広いナダルにとってはまさに庭です。運動量の多さでラリー戦に持ち込み、全身を使った強打のフォアハンドでウイナーを決める。ほとんどの選手は途中で根負けする。一方、欠点がないオールラウンダーのフェデラーは、全仏に限ればナダルに5戦全敗ですが、4大大会通算20勝の百戦練磨です。辛抱強くラリーを続けるのはもちろんのこと、ベースラインギリギリへ深いボールを返し、時にドロップショットを決めたい。頭脳戦となる準決勝は、世界のトップ2人が放つショットのスピードや正確性、コースへの打ち分けとともに、劣勢時におけるフェデラーの作戦は見ものです」

 この試合を見れば、錦織がなぜ4大大会で勝てないのか、にわかファンにもその理由がよくわかるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る