武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織圭は相手を勢い付ける“栄養剤” 脱却に必要なものとは

公開日: 更新日:

 これから本格的テニスシーズンだというのに、錦織圭への不安が渦巻いている。クレーシーズン最初のモンテカルロは初戦で格下ピエール・エルベールにストレート負け、今季の成績はトップ10から陥落した。

 エルベールは強豪フランスの伏兵だが、その前のマイアミでは無名のドゥサン・ラヨビッチ(44位)に、その前にはフベルト・フルカチュ(77位)に2度続けて負けた――これではナダルやジョコビッチに勝てというのも無理な話だろう。

 面白いことに錦織に勝った相手は勢い付く。誰も名前すら読めなかったフルカチュ(Hurkacz)は、そこからランキングを22も上げてトップ50目前に。ラヨビッチは次のモンテカルロ・マスターズで初の決勝進出を果たした。実はこれ、いまに始まった現象ではない。

 フェデラーは2年前の全豪オープン4回戦で錦織をフルセットの末に逆転して自信を取り戻し、5年ぶりのメジャー優勝を果たした。同じく17年のグリゴール・ディミトロフは開幕戦のブリスベン決勝で錦織を倒して世界3位まで上り、ツアーファイナルも制覇している。ジョコビッチにしろ故障明けの昨年のウィンブルドン、全米、今年の全豪と、優勝したメジャー3大会はいずれも錦織戦で弾みをつけた……錦織戦は“栄光へのおいしい懸け橋”のようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

もっと見る