全仏QFナダルに完敗…錦織圭を海外メディア総スカンの深層

公開日: 更新日:

 13時間22分の錦織圭(29=世界ランク7位)に対し、ラファエル・ナダル(33・スペイン=同2位)は9時間8分――。

 これ、2人が準々決勝で対戦するまでの4試合に要した試合時間の合計だ。錦織はつまり、ナダルより4時間以上も長くコート上を走り回っていたことになる。

 錦織のナダルとの対戦成績は通算2勝10敗。2勝はいずれもハードコートで、今回の全仏と同じクレーコート(赤土)では4戦全敗。実力差に加えて、コートの特性を考慮しても絶対不利。おまけに疲労度も大差があるわけで、一方的な展開になったのも無理はない。第3セット途中の降雨中断を経て1―6、1―6、3―6でナダルに完敗。自身初の全仏4強入りはならなかった。

■フェデラーの席取り

 さて、その錦織がアリス(同151位=フランス)にストレート勝ちした1回戦終了後のことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る