友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

大活躍する大物日系ルーキー「ヒウラ&ヤマモト」の可能性

公開日: 更新日:

 日本の名字を持つ日系人大リーガーは、これまでに10人誕生しているがレギュラー級になったのはアスレチックスやツインズで正捕手を務めたカート・スズキ(ハワイ出身の日系3世、現ナショナルズ)だけ。それ以外は、控え選手で終わっている。そんな寂しい状態に今、ピリオドが打たれようとしている。今年5月以降、主砲級、エース級に成長する可能性を秘めた日系3世のルーキーが2人、相次いでメジャーに昇格して華々しい活躍を見せているのだ。ブルワーズの二塁手ケストン・ヒウラ(22歳)とマーリンズの先発右腕ジョーダン・ヤマモト(23歳)である。

■昨年の大谷を凌ぐペース

 ヒウラのウリは並外れたパワーだ。5月14日にデビューして20日間ほどメジャーに在籍した際には、64打数で5本塁打を記録。12.8打数に1本という生産ペースは昨年の大谷翔平を凌いでおり、評価が急上昇した。ブルワーズは内野にオールスター出場経験のある大物がひしめいているため、ヒウラはいったんマイナーに戻されたが、その後、3Aで9.5打数に1本という驚異的なペースで一発を量産したため、ブルワーズは6月27日に中心打者のひとりであるトラビス・ショウをマイナーに落とし、ヒウラを再昇格させてセカンドのレギュラーに固定した。ショウは今季スランプとはいえ、一昨年と昨年、2年連続で30本塁打以上を記録した強打者である。それを落としてヒウラを抜擢する決断を下したのは、毎年30本以上を期待できるパワーを備えていると評価しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る