鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

米球界は共和支持優勢 大統領選はスポーツ界の動向も注目

公開日: 更新日:

 ドナルド・トランプが2020年の大統領選挙への出馬を表明した。“Keep America Great(米国を偉大なままに)”と新しい標語を唱えた顔が心なしか紅潮していた様子からは、必勝を期すトランプの気負いが感じられる。

 ところで、大統領選挙で注目を集めるのは候補者たちだけではない。特に来年夏に開かれる両党の党大会には著名な俳優やスポーツ選手が登場し、会場の雰囲気をより一層華やかなものにする。

■球団経営者の4分の3

 スポーツ界では、テニスのピート・サンプラス、NFLのジョー・モンタナやペイトン・マニングが共和党を支持し、NBAのマイケル・ジョーダンや、ボクシングのマイク・タイソンが民主党の支持者で、サッカーポルトガル代表として日本でも高い知名度を誇るクリスティアーノ・ロナウドも、バラク・オバマの大統領選挙を応援しており、外国人ながら民主党支持者として知られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る