大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

公開日: 更新日:

「首脳陣や選手たちが言っていることは、かなり理解できるようになったと思う。昨年のように何か言われてキョトンとする場面は、ほとんど見られませんからね」

 こう言うのは特派員のひとり。メジャー2年目を迎えたエンゼルス・大谷翔平(24)の英語力に関してだ。

 首脳陣と突っ込んだ話をしたり、試合中のベンチでリリーフ投手の特徴を聞くときなどは、相変わらず通訳がピタリと横に寄り添っているとはいえ、「日常会話のヒアリングに関してはほとんど問題ない」(同)と言うのだ。

■大谷に日本語で話しかけることも

「ただ……」と、この特派員が続ける。

「僕も含めて、周りの日本人記者にも聞いたんですけど、だれひとりとして大谷が英語をしゃべっている場面を見たことがないんですよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  5. 5

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る