大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

公開日: 更新日:

「首脳陣や選手たちが言っていることは、かなり理解できるようになったと思う。昨年のように何か言われてキョトンとする場面は、ほとんど見られませんからね」

 こう言うのは特派員のひとり。メジャー2年目を迎えたエンゼルス・大谷翔平(24)の英語力に関してだ。

 首脳陣と突っ込んだ話をしたり、試合中のベンチでリリーフ投手の特徴を聞くときなどは、相変わらず通訳がピタリと横に寄り添っているとはいえ、「日常会話のヒアリングに関してはほとんど問題ない」(同)と言うのだ。

■大谷に日本語で話しかけることも

「ただ……」と、この特派員が続ける。

「僕も含めて、周りの日本人記者にも聞いたんですけど、だれひとりとして大谷が英語をしゃべっている場面を見たことがないんですよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る