大谷翔平の“兄貴分”エ軍エース左腕スカッグスが27歳で急死

公開日: 更新日:

 大谷翔平(24)が所属するエンゼルスのタイラー・スキャッグス投手が遠征先のテキサス州アーリントンで死亡した。27歳だった。1日(日本時間2日)に球団が発表した。死因などは明らかにされておらず、同日のレンジャーズ戦は中止になった。

 スキャッグスは今季15試合に登板し、チームトップの7勝(7敗、防御率4・29)をマークしていた左腕。カリフォルニア州出身の同投手は、12年にダイヤモンドバックスでメジャーデビューし、14年にエンゼルスに移籍した。

 150キロ超の直球にカーブ、ツーシームなどの多彩な変化球を武器に、エンゼルスのローテーションの中心を担い、通算96試合(計520回3分の2)で28勝38敗、防御率4・41。明るい性格で、チームの盛り上げ役も務めてきた。大谷も移籍1年目の昨季は、投球に関するアドバイスをもらうなど、兄貴分として慕ってきたという。

 エンゼルスは今季、先発陣の台所事情が厳しいこともあって、首位アストロズと11ゲーム差のア・リーグ西地区4位に沈んでいる。貴重な先発左腕を失っただけに、大谷はこれまで以上にバットで貢献するしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る