エ軍大谷298日ぶり2発 本塁打量産の鍵は球審との良好関係

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が大当たりである。

「3番・DH」でスタメン出場した6月30日(日本時間7月1日)のアスレチックス戦。四回の第2打席、先発右腕のバジットの低めのカーブを体勢を崩されながらも捉え、最後は右手1本で右中間スタンドに叩き込む11号ソロ。さらに八回には、5番手右腕ブルックスの甘く入った直球を見逃さずに右翼スタンドへ12号ソロを放った。

 この日は4打数2安打2打点で打率は2割9分9厘。今季47試合で12本塁打は、残り67試合で約17本塁打ペース。今季29本塁打をマークする計算だ。

「後半戦(7月12日再開)もたくさん打てるように、しっかりやっていきたい」と話すが、本塁打量産はアンパイアとの関係も鍵を握る。打者が審判を敵に回して得になることなどひとつもないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る