エ軍大谷298日ぶり2発 本塁打量産の鍵は球審との良好関係

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が大当たりである。

「3番・DH」でスタメン出場した6月30日(日本時間7月1日)のアスレチックス戦。四回の第2打席、先発右腕のバジットの低めのカーブを体勢を崩されながらも捉え、最後は右手1本で右中間スタンドに叩き込む11号ソロ。さらに八回には、5番手右腕ブルックスの甘く入った直球を見逃さずに右翼スタンドへ12号ソロを放った。

 この日は4打数2安打2打点で打率は2割9分9厘。今季47試合で12本塁打は、残り67試合で約17本塁打ペース。今季29本塁打をマークする計算だ。

「後半戦(7月12日再開)もたくさん打てるように、しっかりやっていきたい」と話すが、本塁打量産はアンパイアとの関係も鍵を握る。打者が審判を敵に回して得になることなどひとつもないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る