一流投手陣は打てず…6月好調でもエ軍大谷に足りないもの

公開日: 更新日:

 他球団のエースから打とうが、敗戦処理から打とうが同じ1安打に変わりはないし、失投を逃さないのが好打者の条件とも言われる。どんな投手の、どんな球を打ったのかは、野手の残す数字自体に関係ない。

 さて、6月30日に今季初の1試合2本塁打を放った大谷翔平(24=エンゼルス)だ。6月は打率.340、9本塁打、22打点と調子は上向き。打率3割も目前だが、相変わらずメジャーでもトップクラスの一流投手は打ちあぐんでいる。

 11年のサイ・ヤング賞投手バーランダー(アストロズ)に対しては通算14打数3安打の打率.214。14、17年に同賞を獲得したクルーバー(インディアンス)は6打数1安打の.167。15年同賞のカイクル(ブレーブス)、通算156勝のハメルズはいずれも3打数無安打、1日現在、防御率2.43(リーグ2位)、8勝をマークしているモートン(レイズ)は4打数無安打だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る