元大学教授が導入した解析システムでチームは劇的に変化

公開日: 更新日:

 当たり前の話だが、打撃を向上させるデータがあれば、打撃を抑え込むための投手側のデータも生まれる。こうすればホームランが打てるというデータには、こうすればホームランは打たれないというデータで対抗できるわけだ。

■データ解析の先駆け

 打撃に関して今季、劇的な向上をみせたツインズは2017年の12月にあるデータ解析の人間を採用している。

 ジョシュ・カークさんがその人。以前はレイズに8年間所属してデータ解析、特にピッチングに関する分析を行っていたアナリストである。

 そのまた以前はウェストバージニア州の大学で数学のプロフェッサーをしていたという、まさに今どきメジャーに広がるデータ主義の申し子のような人物だ。

 彼はPitch F/X、簡単に言えば投手の投げる球がどのような球種で、どれだけの球速があり、どのように、どれだけ回転し、水平方向にどれだけ動き、縦方向にどれだけ落ちるかなど、今ではかなり一般的になっている投球データ解析に関して先駆けとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る