予想覆す本塁打量産 ツインズ打線「ハードヒット」の正体

公開日: 更新日:

 2年連続でチームの本塁打記録を塗り替えそうなヤンキース以上に、一発を量産するチームが4つある。

 フライボール革命の申し子が多く、その長打力で昨年まで2年連続でワールドシリーズに進出したドジャース(139本・85試合)、主砲イエリッチ選手がメジャートップの29本を放っているブルワーズ(139本・83試合)、ア・リーグ西地区ぶっちぎりの最下位にもかかわらず本塁打のペースだけは落ちないマリナーズ(149本・87試合)と、ここまでは理解するに難しくないチームが並ぶ。そんな中、周囲の予想をはるかに超えるペースで本塁打を量産しているのがツインズだ。

 82試合終了時点でメジャートップの156本塁打。昨シーズンの総本塁打がメジャー23位の166本だから、あと10本で昨年の総数と並んでしまうほどのハイペースだ。

 C・J・クローン選手やクルーズ選手といったホームランバッターが新たにラインアップに加わったとはいえ、ここまで本塁打を量産しているのは強打、つまりハードヒットの打球が多いということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

もっと見る