日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

公開日: 更新日:

 去る12日の広島戦でプロ初登板初勝利を挙げた日本ハムの吉田輝星(18)。全84球中67球がストレートという極端な配球にもかかわらず、5回1失点の好投。広島の打者からはその直球に対し、「指にかかった球は見たことのない球」(鈴木)、「クセのあるカット気味の直球だった」(菊池涼)などの声が上がった。なぜ直球ばかりを投げても抑えられるのか。金足農時代の吉田の直球を実際にデータ解析した国学院大人間開発学部准教授の神事努氏(40)に、その謎解きをしてもらった。

■縦回転のバックスピン

 ――神事先生は2011年にスタートした秋田県の高校野球強化事業に当初からかかわっています。金足農時代の吉田輝星の投球を解析したのはいつですか?

「高校2年だった2017年11月です。翌18年1月に分析結果をフィードバックしました。特殊なカメラを用いて計測したところ、縦の変化量(ホップ成分)に大きな特徴があった。平均的な高校生と比べて、ボール3個分ほど高めに浮き上がる揚力(上向きに働く力)を持っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る